ルドルフ・キラーの娘は

生意気にもマルジェラのブーツを履いて、鼻をツンと上向けて

実に冴えない男を連れて歩いていた(男の趣味はさては最悪だと察する)。

私は彼女達よりも先回りして

さも偶然を装ってばったり出くわす。

出会い頭に、私はすかさずハイキックをお見舞いする。

そして私は涼しく微笑みながらこう言うのだ。

「ごきげんやう」

よう、ではなく、やう、が似合うようなトーンで、割にきっぱりと。

娘は手に花束を持っていたが、私のハイキックでそれらは宙を舞った。男は飛び散った花をいちいち拾い集めた。

この男、意外といい奴かもしれぬ。

と、ぼんやり思う。

2019 Japan