目の前を1匹の兎が走ってゆきます。

私は彼(立派な口髭を生やしていたので)の後を追います。

彼が後ろを振り返って言います。

「吾輩を追うのではなく、吾輩を追い越しなさい」

遠慮なく彼を追い越しましたら、落とし穴に落ちました。

私は穴の底から彼に向かって言いました。

「ありがとう。顎から落ちましたが私は無事です」

彼は穴を覗き込んで言いました。

「この穴は瞑想のための部屋ですよ」

彼はニカッと気色の悪い笑みを浮かべ、去っていきました。

私は喜んで瞑想をします。

来る日も来る日も瞑想をします。

来る日も来る日も。

来る日も来る日も。

2021. Feb